抜け毛の対処法

薬用シャンブーは使用しない

薬用というとすぐに信頼する言葉の響きですが、チョットまってください。
フケ止めや痒み止めに効くなんて言葉を信じてはいけません。
頭皮に良く、本当に必要な薬用シャンプーなんてものは実際にはある筈がありません。
薬用とは化学物質の毒性により、細菌を殺そうとするものです。
常在細菌には表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌他、多くの細菌が皮膚にはついています。
皮膚常在菌は、生まれてからすぐに200種以上の菌属が100万個棲息していると言われてます。
普段はこれらは悪さをするどころか皮膚を守るために必要なものです。
毛包や脂腺にはアクネ桿菌などがいます。その他に、マラセチア菌、カンジダ菌、白癬菌などがいます。
一般的に皮膚感染症は一過性菌がおこしますが、常在菌も感染症を発症させることがあるといいます。
 皮膚表層に常在するブドウ球菌属は、黄色ブドウ球菌と表皮ブドウ球菌があります。
黄色ブドウ球菌は食中毒菌ですが、表皮ブドウ球菌は病原性があまりなく、皮脂や汗を餌として弱酸性の脂肪酸をつくっています。
表皮ブドウ球菌は、脂腺に棲息するアクネ桿菌から排出される脂肪酸と合わせて皮脂膜を作り、皮膚表面を弱酸性に保っているといいます。
皮膚を弱酸性に保つことで、弱アルカリ性を好む黄色ブドウ球菌やカビなどの増殖を抑制をすることができます。
アクネ桿菌は、皮脂を分解してプロピオン酸と呼ばれる脂肪酸とグリセリンをつくり脂肪酸の皮脂膜ができ、病原菌などの侵入や紫外線から皮膚を保護しています。
ですからこのような体にとって重要な皮膚常在菌を、化学物質の薬用シャンプー剤などで殺菌や除菌をしてはならないのです。